そのへんにいるOL通信

そのへんにいるOLが独り言を吐き出してる。

声優のバイトの面接を受けたが…

声優バイトの面接してみたf:id:hiraringo:20170625230440j:plain

ひらりんごです。平日はOLやってます。

OLの給料で一人暮らしともなると、まあ、貯金はほとんどできない。

 

バイト◯でバイト探し

幸い、私が働く会社は副業OK。

割りと高時給の珍しい物を発見した。

 

声優のバイトしてみませんか?

 

WワークOK。高時給。そして何より未経験歓迎。

 深く考えず、応募ボタンをポチり。

次の日、電話がかかってきた。女性から。

トントン拍子で面接の日程が決定。

ただ、他にエキストラのバイトだとか職種があったので応募したやつの確認は構わないのだが、

「失礼ですが、ご年齢は?」

に引っかかる。いや別に、そんな若くないからではない。

応募した時に書いたはずなのになーと思いながらも、面接当日、そそくさと働いている会社を出た。

 

 え?ここで面接?

面接会場は某区の区民会館。薄暗いのなんの。

入ると10人くらいいて、補佐的な人2人、30・40代の男性が1人。その人は机の上にプロデューサーと書かれたプレートが置いてある。

あと、真ん中にカメラ。

時間になり、今回の面接の内容やら説明やらを、プロデューサーさんは語り始める。

いや、君の名は。

名乗りもせずに滔々と話した内容は、カメラの前で順番に自己PR、渡された台詞を言えとのこと。

私の順番は真ん中あたり。

 

 え?これが面接?

昨今、声優業界の人気っぷりったらすごいものがある。

たぶんそういう業界に興味がある人って、少なからずお芝居の勉強もしていると思ってたのだ、私は。

ただ、私の前の人々…

 

下手くそすぎて幼稚園児のお遊戯会を見ているよう。

 

皆さん私と同じように高時給に釣られた口!? 違うよね!? だって自己PRで芸能事務所のオーディションでぇ~とか言ってたよね!?

なんかとてもいたたまれない空間だなあ、と思いながら同じように自己PRと台詞を言う。

そのあと、プロデューサーさんから2、3言われ終了。残りの人の面接は見ることはできず、その場を退出。

 

結果は一週間後とのこと。さーて。

 

 一週間後って言ったじゃないの…

次の日、電話がかかってた。

「Hです。昨日は面接、ありがとうございました」

声が昨日のプロデューサーさん。あなたHさんって言うんですか!この時初めて知ったよ!

 

「早速ですけど、あなたは事務所に所属してもらおうと思っております」

 

……ん?

 

あれ、所属……?バイト……?

 

 H「で、スタジオに収録に来てもらって、そのついでにボイスサンプルも録ろうと思っています。あ、その原稿はこちらで用意しますんで」

私「はあ…」

H「そのボイスサンプルを使って、あなたを売り込んでいこうと思っています。素敵なことだと思いませんか?」

最後の一言で胡散臭さのボルテージがMAXに。

 

H「あ、ちなみに収録のギャラは500円です」

 

ちょっと待てや。

バイト◯に書いてた時給はどこ行った!?

500円じゃこの都会でランチすら行けねえ!せいぜい蕎麦屋とかそこらへんだ!

 

H「場所の詳細は後ほどメールで送りますんで。あ、でも来なかったら僕に電話ください」

私「はあ…」

正直、この時点で断る気満々だったが仕事の休憩時間に電話してたもんで、休憩が終わりそうになり、もうなんでもいいから早く電話を切りたかった。

そして、業務終了後、メールを確認。……詳細メールは未受領。

18時過ぎ、Hさんに電話をしてみる。ケータイの番号だったし、繋がるだろう…

 

 

で な い\(^o^)/

 

 

それから現在も、Hさんから折り返しの連絡はない。

収録に指定された日の前日になってようやくメールが来るも、収録場所は

マンションの一室のような場所。

 

私はバイトがしたかっただけなのに、なにゆえこのようなことに…?

 

お断りの電話をHさんの番号に入れました。もちろん留守電。

 

別に詐欺だなんだ言うつもりは毛頭無い。

何も私は被害にあっていないし、というかむしろやっぱやーめたって言った私のほうが悪いという見方もあるし。

 

ただ、私の目的は“お金が欲しい”だったので、割に合わない仕事を副業にしたくなかった。

まあ、7割くらい胡散臭さで断ったのもあるのだが…

だって、事務所ってなんのだよ!名前と同じようにそれも名乗らないのかよ!

会社のHPは誰にでもすぐ作れそうなやつで、会社設立から10年位経つという割には、検索してもバイト◯以外でのヒットが無い。

 

 声優アルバイトについて調べてみた

まず、声優のバイトっていうのは、チョイ役であろうとまず無いらしい。

なぜなら、そんなチョイ役ですら、正規の事務所の新人、または専門学校の人たちが担当するから。

私が今回面接に行ったところはどうかわからないが、声優のバイトで採用されたにも関わらず、ノルマと称してCDやDVDを自分で買い取れという人が結構いるとのこと。

劇団の公演のチケットを役者が売るという話は聞いたことがあるが、ただのバイトが買い取るというのもおかしい話。

 

もしかしたら私が最初に年齢を聞かれたのは、あまりに若いとカモにできないからだったのか…?

まあ、ブッチした私が何を言っても推測でしかないのだけれども。

 

とりあえず、お金が欲しい人は、声優のバイトはおすすめしない。