そのへんにいるOL通信

そのへんにいるOLが独り言を吐き出してる。

【Another 著:綾辻行人】感想:ある意味、災厄は人災であり天災である

f:id:hiraringo:20181215150740j:plain

アニメ化され、実写映画化された本作を今更ながら読んでみました。

ちなみにアニメも映画も見たことはありません。完全に真っ白な状態。

……かと思いきや、どんな話だろうとネット記事をちょっと読んでみると、ものすごく重要な【ある人物について】が書かれておりネタバレを喰らいました。

なので、発覚した時の「うわあ!」みたいな驚きは無くなりましたが、鬱々とした雰囲気と少年少女の葛藤、主人公ちゃっかり青春してるでオイといった要素をヒシヒシと感じてとても楽しく読めました。

ちなみに、ハードカバーは分厚いな……と気圧されたので、上下巻に別れた文庫本を手に取りました。二冊を組み合わせると一人の顔になるというお洒落仕様。これきっと鳴ちゃんですよね?ですよね?

 

 

あらすじ

夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。

同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎はいっそう深まるばかり。

そんな中、クラス委員長の桜木が凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい何が起きているのか!?

いまだかつてない恐怖と謎が読者を魅了する。名手・綾辻行人の新たな代表作となった長編本格ホラー。

 

 

感想(若干ネタバレあり)

 鳴ちゃんにとても綾波レイ感を感じたのは私だけではないはず。

ミステリアスで物静かで自分一人で全てを抱え込もうとする様子、あまりに綾波っぽさを感じたので途中恒一がシンジと被ったり被らなかったり。

 

いくら転校前に病院で見かけて気になったからって、女子に積極的に話しかけるのはクラスで浮くと思うんです。それも田舎で。(田舎出身だからわかる田舎独特の閉塞感が学校、地域に存在します)

もしも災厄が無かったとしても、鳴ちゃんもクラスの人達もさぞ驚くことでしょう。東京の人は積極的だなあみたいな感じで。

鳴ちゃんを《いないもの》として扱うという情報共有が徹底されていなかったため、そんなことが起こってしまったわけですが、これを期に3年3組の生徒たちは社会に出ても報連相をちゃんとできる社会人に育つのだろうと思います。

 

上巻はけっこう、クラスの怯えた感じや皆が災厄について半信半疑なため言い淀んだり思わせぶりなことを言ったり、あと何より恒一が誰かと喋っていても鳴を見つけてすっ飛んでいってしまい、話を聞かなかったのもあって、なかなか話が進みません。

 

 そのかわり、下巻は一気に進みます。(完結巻なんで当たり前なんですが)

一気に人が死んでいくし、災厄を止める方法も知った。死者が誰かも、鳴なら能力でわかるという。けど15歳には酷だよなあと思う。いや、いくつとか関係無いと思うんですが、子供に背負わせるのはしんどいですよ。いくら忘れていくとはいえ。

 

結局、災厄を止めることはできたけど、根本的に解決はしてないんですよね。

また来年も災厄は始まるかもしれないし、再来年かもしれない。

一人の亡くなった生徒を《いるもの》として過ごしたために、3年3組は死に近くなってしまった。始まりは、人が災厄をもたらしてしまいましたが、何十年経っても続いていくのは、災厄が独り歩きをしているようで不気味でした。人災から、その土地だけの天災に変わったかのようでした。

 

ゲームで言うとノーマルエンドですね。ハッピーエンドでもなく、バッドエンドでもない。

 

ある人物については、これから読む人がいるかもしれないのであえて伏せます。

 

 アニメの評判が結構良い(鳴ちゃんや赤沢さんがかわいい)と小耳にはさみましたが、あんなシーンこんなシーンの死が視覚で確認するのはちょっと怖いかも…

KinKi Kids20周年コンサートのチケットが届いた

こんばんは。ひらりんごです。

本日は生きがいであるKinKi Kidsの20周年コンサートのチケットが届きました。

キンキが好きと言うと、必ずどっち派?と聞かれる。

私は断固として、KinKi Kids

 

雨でヨレヨレなコンサート事務局からの青い封筒

なんで今日配達やねん。

それはそうと、台風が近づいてるらしいのでお気をつけて。

封筒の開封ってちょっとだけ勇気いるよね。中身まで切ったらと思うと。

 

粋なチケット!

f:id:hiraringo:20170704234437j:plain

チケットそのものを載せるわけにはいかないので、注意書きの部分を。(ぼっち参戦がバレる)

お分かりいただけるだろうか。

うすーく、今までのコンサートのロゴが刻まれてる!

チケットまで気合入ってる!さすが20周年!さすが人間で言う成人!

今回のKinKi Kids Partyはポップな感じの、いい意味で小学生がやる純真なパーティー感が出ているロゴ。

レッツパーリーィィ!!

 

 ほんと、よく当選したもんだ私。

 

暇だから全身脱毛行ってきた

休日、何してますか?

f:id:hiraringo:20170702202502j:plain

ひらりんごです。平日はそのへんでOLとして戦っています。

7月。夏。早速暑い。もっと緩やかに来いよ猛暑。

 

そうだ、毛を抜こう

肌の露出が増える季節。男どもは目ざとく半袖から微かに覗く腋に目がいってんの、私知ってんだかんな!ちなみに見られていたのは隣りにいた可愛い子のだったけどな!

 

 なんかよくわからんけど光を当てると毛が抜けるらしいよ

某脱毛サロンに数ヶ月前から予約し、今日がその施術日。

すごく予約が取りにくい。数年前はありのままの姿をどうたらって流行ったのに、世の中の女たちは皆して毛抜きすぎな。あ、私もだ。

 

池袋に支店があったので、今回はそこにした。

 

へんぴなビル内に、やたら清潔感を推し売ってるような感じの内装。

そういう所ほど、ドアの桟とかに埃が溜まってるかとか見たくなる。

見た所でどうにもならないのだけど。

 

個室に案内され、ガウンっぽいものに着替え、呼び出しボタンが無いのでひたすらおねーさんを待つ。

紙ショーツってなんであんなに防御力低そうなのかね。心許なくてウズウズする。

 

そしてやってきたおねーさん、近視なのでよくわからないけど可愛い人だった。よくわからないけど。

 

光脱毛なので「輪ゴムでパチンと弾いた程度の痛さですよ~」という感想がありとあらゆる所で拝見するが、私的には無痛である。誰が今弾いてんねんと思うこともない。

ただ、肌にいきなり高温の光をぴっぴかちゅうするわけにはいかないので照射面が冷やされてるのだが、まあ冷たい。

冷たっ(照射)冷たっ(照射)冷たっエンドレス

もういっそ冷水に私を漬けてくれと思う。

 

おねーさんと社会人談義

素手でいろんな裸体を触り、見たくないものまで見ないといけないエステティシャンの方々のお仕事ぶりは尊敬の念が湧く。

言わば、彼女たちも脱毛サロンというオフィスで働くOLだ。

 

~勤務体制について~

私「完全週休二日制だと、毎週五連勤ですけどシフト制で五連勤って聞くとものすごくうんざりしません?」

おねーさん「本当それなんですよ!三連勤ですらしんどいのに!」

 

正直なおねーさんである。

 

~通勤時間について~

おねーさん「1時間以上かかるんですよねー。だから余計出勤日は億劫です」

 

正直なおねーさんである。

 

離職率について~

おねーさん「以前よりは減ってきてるんですよ。女の戦いとかマウントとかも無く」

私「我が職場は先月、トンズラ者が2名出ました」

おねーさん「え、ええ……」

 

おねーさんドン引きである。

 

 

声優のバイトの面接を受けたが…

声優バイトの面接してみたf:id:hiraringo:20170625230440j:plain

ひらりんごです。平日はOLやってます。

OLの給料で一人暮らしともなると、まあ、貯金はほとんどできない。

 

バイト◯でバイト探し

幸い、私が働く会社は副業OK。

割りと高時給の珍しい物を発見した。

 

声優のバイトしてみませんか?

 

WワークOK。高時給。そして何より未経験歓迎。

 深く考えず、応募ボタンをポチり。

次の日、電話がかかってきた。女性から。

トントン拍子で面接の日程が決定。

ただ、他にエキストラのバイトだとか職種があったので応募したやつの確認は構わないのだが、

「失礼ですが、ご年齢は?」

に引っかかる。いや別に、そんな若くないからではない。

応募した時に書いたはずなのになーと思いながらも、面接当日、そそくさと働いている会社を出た。

 

 え?ここで面接?

面接会場は某区の区民会館。薄暗いのなんの。

入ると10人くらいいて、補佐的な人2人、30・40代の男性が1人。その人は机の上にプロデューサーと書かれたプレートが置いてある。

あと、真ん中にカメラ。

時間になり、今回の面接の内容やら説明やらを、プロデューサーさんは語り始める。

いや、君の名は。

名乗りもせずに滔々と話した内容は、カメラの前で順番に自己PR、渡された台詞を言えとのこと。

私の順番は真ん中あたり。

 

 え?これが面接?

昨今、声優業界の人気っぷりったらすごいものがある。

たぶんそういう業界に興味がある人って、少なからずお芝居の勉強もしていると思ってたのだ、私は。

ただ、私の前の人々…

 

下手くそすぎて幼稚園児のお遊戯会を見ているよう。

 

皆さん私と同じように高時給に釣られた口!? 違うよね!? だって自己PRで芸能事務所のオーディションでぇ~とか言ってたよね!?

なんかとてもいたたまれない空間だなあ、と思いながら同じように自己PRと台詞を言う。

そのあと、プロデューサーさんから2、3言われ終了。残りの人の面接は見ることはできず、その場を退出。

 

結果は一週間後とのこと。さーて。

 

 一週間後って言ったじゃないの…

次の日、電話がかかってた。

「Hです。昨日は面接、ありがとうございました」

声が昨日のプロデューサーさん。あなたHさんって言うんですか!この時初めて知ったよ!

 

「早速ですけど、あなたは事務所に所属してもらおうと思っております」

 

……ん?

 

あれ、所属……?バイト……?

 

 H「で、スタジオに収録に来てもらって、そのついでにボイスサンプルも録ろうと思っています。あ、その原稿はこちらで用意しますんで」

私「はあ…」

H「そのボイスサンプルを使って、あなたを売り込んでいこうと思っています。素敵なことだと思いませんか?」

最後の一言で胡散臭さのボルテージがMAXに。

 

H「あ、ちなみに収録のギャラは500円です」

 

ちょっと待てや。

バイト◯に書いてた時給はどこ行った!?

500円じゃこの都会でランチすら行けねえ!せいぜい蕎麦屋とかそこらへんだ!

 

H「場所の詳細は後ほどメールで送りますんで。あ、でも来なかったら僕に電話ください」

私「はあ…」

正直、この時点で断る気満々だったが仕事の休憩時間に電話してたもんで、休憩が終わりそうになり、もうなんでもいいから早く電話を切りたかった。

そして、業務終了後、メールを確認。……詳細メールは未受領。

18時過ぎ、Hさんに電話をしてみる。ケータイの番号だったし、繋がるだろう…

 

 

で な い\(^o^)/

 

 

それから現在も、Hさんから折り返しの連絡はない。

収録に指定された日の前日になってようやくメールが来るも、収録場所は

マンションの一室のような場所。

 

私はバイトがしたかっただけなのに、なにゆえこのようなことに…?

 

お断りの電話をHさんの番号に入れました。もちろん留守電。

 

別に詐欺だなんだ言うつもりは毛頭無い。

何も私は被害にあっていないし、というかむしろやっぱやーめたって言った私のほうが悪いという見方もあるし。

 

ただ、私の目的は“お金が欲しい”だったので、割に合わない仕事を副業にしたくなかった。

まあ、7割くらい胡散臭さで断ったのもあるのだが…

だって、事務所ってなんのだよ!名前と同じようにそれも名乗らないのかよ!

会社のHPは誰にでもすぐ作れそうなやつで、会社設立から10年位経つという割には、検索してもバイト◯以外でのヒットが無い。

 

 声優アルバイトについて調べてみた

まず、声優のバイトっていうのは、チョイ役であろうとまず無いらしい。

なぜなら、そんなチョイ役ですら、正規の事務所の新人、または専門学校の人たちが担当するから。

私が今回面接に行ったところはどうかわからないが、声優のバイトで採用されたにも関わらず、ノルマと称してCDやDVDを自分で買い取れという人が結構いるとのこと。

劇団の公演のチケットを役者が売るという話は聞いたことがあるが、ただのバイトが買い取るというのもおかしい話。

 

もしかしたら私が最初に年齢を聞かれたのは、あまりに若いとカモにできないからだったのか…?

まあ、ブッチした私が何を言っても推測でしかないのだけれども。

 

とりあえず、お金が欲しい人は、声優のバイトはおすすめしない。

暇だからOLが女子高生と話してきた

休日、何してますか?

f:id:hiraringo:20170520210102j:plain

ひらりんごです。平日はそのへんでOLとして戦っています。

今日は日曜日。完全週休二日制の会社は休日ですね。

薄給OLの休日は、毎週毎週遊びになんて行ってられません。

引きこもり、平日に録り溜めたテレビを見るか、費用のかからない遊びでリフレッシュするしか選択肢は無い。世知辛い

 

そうだ、女子高生と話そう

普段は会社でおじさんか歳の近い同期の人たちとしか話さないので、若いエネルギーに触れる機会が極端に無い。

しかも私の業種はIT系。男社会。

男社会というか、おじさん社会。

対極にいる若くて、そこにいるだけで華がある女子高生と話したくなるのも無理ないと思うのです。

 

いざ出陣

家から一歩出た時点で気づきましたが、休日ということは女子高生も休日。

制服無しでどうやって判別するのか…

 

ところがどっこい

休日に学校……そう、つまり部活。

ちゃんと制服を着た高校生は町を歩いている!

BBAはそれだけでテンションが上がった。今補導されても文句は言えない。

 

声をかけてみた

私 「あのー…」

JK「はい?」

振り向く黒髪の二つ結びのJK。化粧っ気は全くなし。だが肌のハリが違う。なんかもうそれだけで国宝レベル。

私「ここに行きたいんですけど、この道で合ってますかね?」←関西出身なので訛りがある

JK「合ってると思いますよー^^」

私「あ、そうですか!ありがとうございます」

JK「ここ行ったこと無いんですけど、友達がよかったって言ってました^^」

私「ほんまですかー。あ、お時間とらせちゃってごめんなさいねー」

JK「いえいえ。それじゃあ」

 

まさか話がちょっと続くとは思っていなかったのでしどろもどろになりそうな口をコントロールしながら、女子高生の後ろ姿を見送った。

ちなみに聞いた場所は、カフェ。話の種にするだけで行く気など毛頭無かったが、気付けばそこでアイスティを頼んでいた。

あまりに警戒心無く話してくれるので、余計自分の薄汚さと浅はかさを思い知らされた。(たぶん私の見た目がちょっと地味な、けど小綺麗な仕事帰りの女性に見えたのだろう。実際そう見えるようにメイクもファッションも気を遣った。)

 

私はあの天使のような女子高生がそのまま可憐に行き続けられるよう、税金を納めていこうと思った。

天使に幸あれ。